GWTとは

グループワークトレーニング(GWT)とは

グループ(G)に与えられた課題(W)を、目的に合わせて練習・訓練(T)するラボラトリー方式(実験室)の体験学習です。すなわち、ルールを守りながら解決していく過程で、協力したり葛藤を乗り越えたりする事で、自分や他人の言動・感情・考えなどに気づき、参画協働意識(パティシペーターシップ)を養成し学び合う技法です。


パティシペーターシップ(Participatership)とは・・・

集団の一員として集団の目的達成に参画し、その責任を分担する協働者(パティシペーター)として、「今・ここで」の自分と他者の気持ちやグループの状況がわかり、その状況に応じた効果的なリーダーシップを担って課題達成を図る意識やスキルの事です。

GWT(グループワークトレーニング)で
  メンバーの一人としてグループの課題達成に参画し、
  メンバーとの共働作業(グループワーク)を通じて 

(1)人との関わり方を学び
    ① 会話が噛み合う応答の仕方がわかる。
     1.相手の心に届く、ものの言い方ができる。
     2.相手の気持ちを聞き取る、聞き方ができる。
      ② 相手を攻撃しない自己主張の仕方がわかる。
     1.自分の気持ちや考えを率直に判り易く伝えられる。
        2.相手に自分の意見を押し付けようとしない。
      ③ 他者を理解する仕方がわかる。
     1.人それぞれ理解の枠組みが違うことに気づく。
     2.相手に注文をつけて自分好みに変えようとしない。
    ④ 他者との折り合いのつけ方がわかる。
     1.「私もあなたも間違っていない」という立場で話し合う。
     2.前提条件(状況の設定・選択基準の設定etc)を整えて、話し合う。

 (2)グループの課題達成に必要な機能的リーダーシップを学び
    ① 異質の協力の仕方がわかる。
        1.メンバーシップのあり方を理解する。
     2.チームワークが強化され、グループの機能性(生産性)が高まる。
      ② 集団機能としてのリーダーシップの担い方がわかる。
        1.題達成機能と集団維持機能を理解する。
     2.グループプロセスを理解する。

自立したひとりの社会人として、個人とグループの成長を支援するスキルを身につける